障害手当金について

質問

先日、事故で右手の人さし指を失いました。厚生年金加入中の障害の傷病の程度が軽いと、障害年金ではなく、障害手当金という制度が適用されると聞きましたが、それはどういうものなのでしょうか。

答え

障害手当金は、病気やケガで障害者となったときに、障害の程度が軽い場合に一時金としてもらえる制度のことで、おっしゃる通り、障害厚生年金制度にだけあるものです。 さて、この障害手当金ですが、受給できるかどうかは、次の5つの要件に当てはまるかどうかで決まります。

1.厚生年金保険の加入中に初診日があること

原則として、初診日時点に厚生年金保険に加入していなければもらえません。つまり、民間の会社やお店などに勤めている間に初めて受診した病気やケガが対象となります。

2.初診日から5年経過の間にその病気やケガが治っていること

初診日から5年経っても治らない病気やケガについては請求することができません。病気やケガが治ったときにだけ請求することができます。

3.病気やケガが治った時に一定の障害の状態にあること

障害手当金がもらえるかどうかは、治った状態次第で決まります。つまり、障害認定基準の障害手当金に該当する程度の症状かどうかということが判断基準となるわけです。この認定基準は、厚生年金保険法施行令の別表第二に定められています。別表第二には全部で22の症状が規定されていますが、15号目に「一上肢のひとさし指を失つたもの」があります。

4.一定期間以上の保険料納付があること

初診日の前々月まで年金加入期間(被保険者期間)のうち、滞納期間が3分の1未満ならば、障害手当金の請求ができます。

5.病気やケガが治ってから5年以内に請求すること

障害手当金についても、他の制度と同様に、自分自身で請求しないと受給することはできません。障害手当金の請求は5年の時効がありますので、注意しましょう。

 

事務所のサポートメニューはこちらから!

 料金表 業務の流れ   事務所紹介

 

お問い合わせ・ご相談はこちらから!

お気軽にご相談下さい!! 無料相談実施中!
offer050001.png
お気に入り追加はこちらから

Copyright (C) 2011 大島社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.